顔色を明るく見せる肌作り:芸能人をまねて美人スイッチON!

顔色を明るく見せる肌作り

メイクのよし悪しは、なんといってもベースとなるお肌づくりにあります。

ポイントメイクにいくら気を使っても、ベースとなるお肌の色が暗く見えては、せっかくのポイントメイクも全然活きてきません。

顔色を良く見せるには、

化粧水や乳液で肌を整えたあと、肌のトーンを内から際立たせるため、ピンク系の下地を顔全体にのばします。

クリーム系のファンデーションを、頬、鼻、額、あごに置き、頬以外は指の腹で内から外に向かってのばします。

頬は肌の印象を一番に主張する場所なので、この部分はしっかりと肌になじませていきます。

Tゾーンは皮脂の分泌が多い場所なので、厚塗りすると化粧崩れしやすいので、薄くのばします。

スポンジで肌の上を軽く滑らせて、ファンデーションの余分な油分を取っていきます。

頬の部分は、押さえるようにして肌になじませます。

オレンジ系のコンシーラーで下まぶた、ほうれい線、口角のところのくすみをトーンアップさせます。

フェイスパウダーをブラシに含ませ、肌の上で回転させながら全体にまんべんなくつけていきます。

この工程を丁寧にやることで、ポイントメイクがさらに活かされて、明るく生き生きとした印象になってきます。

木村カエラの髪型、メイク

あなたの美人スイッチをオンにする方法

キレイになりたいと思ったその日からキレイになれる訳じゃないけど、あなたも日々の努力で必ずキレイになることができるんです。
女優やモデルは、日々キレイになるための努力してるのです。そしてそれを続けてるんです。
こんな努力があるからこそより綺麗でいられるんですね。
中でも、力を入れているのがバストアップ。
なぜなら・・・、バストアップをすると、洋服が何でもに合うようになります。
ホルモンバランスが保たれるので、美肌になり、生理痛も軽くなり、便秘も解消された!なんて声も聞きます。
もちろん姿勢も良くなるので、自信にあふれ声も明るく、自然と笑顔でいる時間が増えます。
だから、バストアップすることが、内面も外面もキレイな女性になる近道なんです。

⇒ 芸能事務所も採用!自宅で簡単に出来るバストアップ法


あなたはご存知ですか?
間違ったバストアップワースト3とは?
胸の小さな人の3つの体型タイプとは?
バストアップに絶対必要な3つの要素とは?
⇒ 芸能事務所も採用!自宅で簡単に出来るバストアップ法 で詳しく解説



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。